一般媒介契約

17年11月27日

夕焼け家を売る際には必ず買主を見つけることが必要です。
そして、多くの売主の方は不動産会社に仲介依頼をすることで最適な買主を見つけることができます。
ただ、不動産会社に仲介依頼をする上で覚えておいてほしいことがあります。
それは、不動産会社に仲介依頼をするということはその不動産会社と直接媒介契約を結ばなくてはならないということ。
今回はその媒介契約の中でも一般媒介契約という契約方法についてみなさんにご紹介させていただきます。

媒介契約には3種類の媒介契約があり、他の二つは簡単に言えば、1つの不動産会社にしか仲介依頼をしてはいけないという縛りが存在します。しかし、この一般媒介契約においては、複数の不動産会社に仲介依頼をお願いすることができます。また、万が一自分自身で買主を見つけられることができた場合、不動産会社を通さず契約を取り交わすことができる為、そのような点ではメリットが非常にあると言って良いでしょう。

ただし、他の二つの媒介契約と比較した際に複数の不動産会社に仲介依頼ができる点、また自分自身で買主を探せる点ということもある為、不動産会社としては仲介手数料という利益を得られるかが不確定な契約の為、どうしても営業活動が後回しになってしまうという点がデメリットであると言えるでしょう。従って、どの媒介契約についてもメリット・デメリットが存在している為、最終的にどのような形で不動産会社と契約をするのかは自己判断になってしまうでしょう。